こんなデキすぎワンちゃん見たことない!\(◎o◎);/!これぞ、何でもできる犬No1!!ー運動編ー

運動神経抜群すぎる!!(*_*;(◎_◎;)・・・スケボーに乗れる。縄跳びができる。おもちゃの車に乗れる。後ろ足だけで立てる。買い物カートを押せる。フラフープをくぐれる。後ろ向きに走れる。逆立ちして歩ける。木馬に乗れる。後ろ足だけで移動&そのまま後ろ向きに歩ける。キックスケーターに乗れる。フリスビーを捕まえられる。バランスボールに乗れる。スキップできる。でんぐり返しができる。鞄の中に入れる。ピアノを弾く。前足だけでボールキャッチ。・・・まだまだあるよ~。。驚異的才能!恐るべし。。。Σ(・ω・ノ)ノ!!

この犬がいるとご主人様はくつろげるよ。疲れてる時に靴も靴下も服も!!?脱がしてくれるんだから♥

あの、盲導犬より仕事をこなすと評判でギネスを与えられた犬の話。さまざまな家事をこなすのと同時に飼い主さんへのお世話も欠かさない。疲れて帰ってきた飼い主さんの靴や靴下、服まで・・・!ぬがしてくれるんですよ♥

『チーターvs世界最速の犬』仮想運動会へようこそ!(※スーパースローモーション付き)

チーターといえば、動物の中で一番足が速いといわれる。だが、それに立ち向かうのが、世界最速と呼ばれる犬。スーパースローモーションで見ても見事な足の動き。車と一緒に走ってみても相当速いと感じられる。果たして結果は・・・!?

悪霊にでも憑りつかれたのか!?普段はいい子の柴犬が牙を出して悪魔の顔になる件。

きっと普段はいい子なんだろう。と普段の顔を見てそう思ってしまった。ところが、おやつを与えられただけなのに急になんだか怒り出す姿が!正直言って、怖い。。まるで何かがのりうつったかのようだなぁ。

「ボクは君の先生(‘ω’)ノ」ハイハイもできない赤ちゃんにほふく前進の見本を示す犬。

まだ自分で動くことができない赤ちゃんに、ほふく前進から教えてあげようとする犬。こうやって動いてごらん!と言っているかのように、お手本を見せている。ほふく前進をする犬もまた、珍しいんだけどね。

世界一長い舌!!ギネス記録を持っちゃった犬。

舌の長さなんと、11.43センチメートル!!歩くときも座っているときも、その長さからか、舌をダランと垂らしたまま。アイスを舐める姿が印象的だけど、少々舐めにくそうに感じるのは私だけ?でしょうか。。短すぎるよりかは大分便利かもね。

『よしっ!と言われるまでジェンガは倒さない!』犬の鼻の上。それは驚異のバランス感覚!

ジェンガを犬の鼻の上に積み始める飼い主さん。全部積み終わるまではじっとして動かない犬。バランス感覚はピカイチ。それ以外に言えるとしたら、飼い主さんと犬の信頼関係がものをいったのでは?

じ~~~(。-`ω-)「何、あの二人・・。」人目もはばからずイチャイチャしあう犬とアヒルに、もう一羽のアヒルのジェラシーが炸裂する件。

犬が主に受け身になって、アヒルとじゃれあったりイチャイチャな状態。それを傍で始めから見ているもう一羽のアヒル。犬とうまくいっているアヒルに対して嫉妬が隠せなくなり、とうとうちょっかいを出し始めるが、結局相手にはされなかった。残念。犬とちょっとはじゃれあいたかったよね。

「犬は木には登れない」という言い伝えを破って、ボクが革命を起こすよ!

「どんなことがあっても、ご主人様が投げた木は取ってきてみせる!」と言わんばかりに忠実に木の棒を加えて取ってくるわんこ。確かにそんなに高い木ではないけど、、「犬は木に登らない」って聞いてたもんだからさ、内心びっくりしてしまったよ。