郵便物の受け取りを激しいパンチで拒否する猫

とある一軒家。郵便局員がお届けものに伺うと必ずその家の猫とバトルになる。ポストに郵便物を入れようとしても受取口から激しく抵抗をされ、なかなか入れさせてくれないのである。その受け取り拒否をする猫パンチの凄まじさと言ったら北斗の拳、ケンシロウを彷彿とさせるwww

トラに食べられるはずの黒ヤギさん、しかし2人は大親友にw

ロシアのシベリアにあるサファリパークではアムールトラが飼育されています。そのアムールトラの餌として一頭の黒ヤギがサファリパークの中に入れられました。何でもアムールトラはウサギやヤギが大好物とのこと。今回も黒ヤギはアムールトラに美味しく食べられてしまうだろうと思っていた…。が、しかーし!2人はいつの間にか大親友に。一緒に園内を散歩をしたり、一緒に眠ったり。しかもこの黒ヤギはアムールトラのお気に入りの寝床を奪ってしまったという大胆な行動も。トラは「親友が気を良くしているなら仕方ない」と思ったのか寝床の屋根の上でくつろぐことにしたそうなw

【胸が苦しくなる】里子の女の子とある家族の物語

とある幸せな家庭に里子としてやってきた女の子。父親は最愛の娘に友をと思いある施設を訪れ、女の子を譲り受けた。娘は父のサプライズにとても喜び、家には今まで以上の幸せが訪れた。しかし、1年後の娘の誕生日には以前の幸せな光景は無かった。里子として向かい入れた女の子は家族の輪の中に入れてもらえず、部屋を散らかし怒られる。そして・・・

現在、ペットを人間の都合だけで簡単に捨ててしまうことが大変問題になっています。タイトルとなっている「GIFT(贈り物)」の真意は、地球上のすべての生き物が贈り物であり、それぞれの価値がある命である。という意味だそうです。

【驚愕映像】地上最大の肉食獣と仲良く泳ぐおじさん

とっても大きいけどフサフサの白い毛とクリクリした目がかわいいホッキョクグマ。実はこのホッキョクグマは「地上最大の肉食獣」と言われるほどの危険な動物。いくらかわいいからといって近づいたら命の危険さえあるわけだ。しかし、ホッキョクグマと生活を共にし、一緒に泳ぐことができる人間が地球上でたった1人いた!その驚愕映像をとくとご覧あれ!

僕らは姿形が違っても仲良くできる。

異なる種類の動物たちがじゃれあう微笑ましい映像まとめ。実はこれ、アンドロイドが紛争の絶えない社会に向けて作ったもの。世界に平和が訪れますように。

You don’t have to be a cute animal to show the world how to “Be Together. Not the Same.” But it definitely helps. Find out more about Android at: http://android.com.

Some of the animals seen in the video are lovingly cared for by these great non-profit organizations — learn more about them and support their causes here:

※YouTubeより転載

住み込みで働く猫社員のおかげでトイレの開発は今日も順調です?

イギリスにある猫用のトイレや猫砂を開発している会社の風景。まず出社すると在籍しているたくさんの猫社員がお出迎え。猫社員は住み込みで働いていて仕事中は人間社員のパソコンの間を行ったり来たり。猫社員は人間社員が作った製品を使ってみたり、撮影されるのが主なお仕事。じっとしているのは昼食の時くらいだそうです。

「ちょ!待て、まてコラー!!!」鮮やかにストライクを決められるか!?天才ボーラー猫www

実況「さあやってきました、猫の猫による猫のためのボーリング大会。飼い主さんがまず、レーザーの光を猫の周りに照らし、猫が光を追いかけ始めました。そして、、体の周りをレーザーでじらして〜、ここで勢いをつけて一直線にレーザーを積み重なったプラスチック製のコップの方向へ一気に動かすと、猫も追いかけます!全速力で追いかけます!そこに待っていたのはよくすべるタオル!このすべりっぷりはガキ使の山ちゃんか、もしくはそれ以上か〜!そしてすべったままストラーーーイク!!!見事全てのコップを倒しきりました!ーーー!」

親に見捨てられた子チーターと子犬が友達になった映像

ちょっと悲しい話なんだけど、この子チーターお母さんが認知しなかったのか拒絶されて動物園が保護することになったんだと。で、そこで出会ったのがこの子犬。すぐに仲良くなっていつも一緒にいるんだって。仲の中の良い友達が出来てなにより^^

そろそろ犬が車を運転する時代が到来する模様なんだが

ついに車を運転する犬が現れた。低速ながらもカーブではハンドルを切り、進行方向を向いてちゃんと運転。もっと練習したらすごいことになりそうだ。この動画は世界で1000万回以上再生され、「ワイルドスピードの次回作はイヌが主演になる理由」というコメントまで付いている。